代理人ミーノ・ライオラ氏、怒る。

Goal.comが、2/12のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、メスタージャで行われたバレンシア対パリ・サンジェルマン戦での出来事に剛腕代理人ミーノ・ライオラ氏がご立腹と伝えています。後半アディショナルタイムにPSGのズラタン・イブラヒモビッチのバレンシアMFアンドレス・グアルダードへのタックルに一発レッドカードが出されたことに対して、「処分しろ!」と言っているようです。
代理人:「イブラを退場にした審判に処分を科すべき」 – Goal.com

さすが、モノ言う代理人です。ミーノ・ライオラ氏については、ズラタン・イブラヒモビッチ著の「I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝」に詳しく様子が述べられています。イブラの移籍するチームにいつも先にいるマクスウェルもミーノ・ライオラ氏が代理人だからです。

それにしても、ミーノ・ライオラ氏にはぜひ本田圭祐の代理人になって欲しいものです。ミーノ好みの選手だと思うんですが…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.