今さら、2013年夏の移籍について。

2013年9月16日現在、台風18号(MAN-YI)が上陸しており、自宅待機を余儀なくされておりますので、今さらながら、2013年夏のサッカー移籍決定について、おさらいしておきましょう。

 

まずは、移籍金ランキングから、

1 ガレス・ベイル 1億ユーロ?(トッテナム→レアル・マドリー)

2 エディソン・カバーニ 6450万ユーロ(ナポリ→PSG)

3 ラダメル・ファルカオ 6000万ユーロ(アトレティコ・マドリー→モナコ)

4 ネイマール 5700万ユーロ(サントス→バルセロナ)

5 メスト・エジル 4500万ユーロ(レアル・マドリー→アーセナル)

5 ハメス・ロドリゲス 4500万ユーロ(ポルト→モナコ)

7 フェルナンジーニョ 4000万ユーロ(シャフタール・ドネツク→マンチェスターC)

8 マリオ・ゲッツェ 3700万ユーロ(ドルトムント→バイエルン)

8 ゴンサロ・イグアイン 3700万ユーロ(レアル・マドリー→ナポリ)

10 マルキーニョス 3140万ユーロ(ローマ→PSG)

11 イスコ 3000万ユーロ(マラガ→レアル・マドリー)

11 ロベルト・ソルダード 3000万ユーロ(バレンシア→トッテナム)

11 アシエル・イジャラメンディ 3000万ユーロ(レアル・ソシエダ→レアル・マドリー)

11 エリック・ラメラ 3000万ユーロ(ローマ→トッテナム)

と、3,000万ユーロまでにしときました。

 

やはりベイルの移籍金は異常。9100万とも1億とも言われてますが、実際は1億ユーロ出してるんじゃないかなー?他にも今年の夏はいろいろありすぎて、マリオ・ゲッツェのナイキTシャツ事件とかネイマールとか今年のことだっけ?というほどでした。

カバーニのPSG加入、ファルカオのモナコ加入については、現在のクラブ勢力図からしたら妥当でしょうか?当然の事ながら早速、結果を出してそれぞれチームを引っ張ってますね。モナコもおそらくは今後リーグで優勝争い→CL出場となるでしょうから楽しみです。CLでファルカオ見たいですからね。

 

移籍金が高騰し過ぎて、イスコやソルダードの3000万ユーロが安く思えてしまいますな。他には、

ダビド・ビジャ 210万ユーロ+追加金(バルセロナ→アトレティコ・マドリー)

カルロス・テベス 1000万ユーロ(マンチェスターC→ユベントス)

なんかは、ビジャの年齢・テベスの気性を考慮してもとってもお買い得な気がしますが…確実に次世代のエースとなりうるであろうゲッツェやイスコのクラスで、3000万~4000万ユーロってのが適正価格なのかな?

 

個人的には、早速アーセナルにフィットしてる感のあるエジルが、チームを優勝争いに導くのを見たいですね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.