武蔵野プレイスは素晴らしい。

最近は、カフェ併設の書店や図書館というものも各地で登場しており、近くでそんないいトコないかな~と思っていたところ、「武蔵野プレイス」なる施設がとっても充実しているとの情報を得ました。で、GW中にかかわらずたいして予定もないので、行ってみました。

結論から先に言うと、ここはかなり素晴らしいです。以下に理由。

スポンサーリンク

1. アクセス抜群(武蔵境駅南口すぐ)。

「武蔵野プレイス」はその名の通り東京都武蔵野市にあるのですが、吉祥寺近辺ではなく、限りなく小金井市と三鷹市に近いJR中央線の武蔵境駅(三鷹と東小金井の間)の南口出てすぐに出現します。
武蔵野プレイスの外観

http://www.musashino.or.jp/place.html

外観も個性的です。ちなみに建物の前に広場もあり、ベンチでパンとか食べていると、多数のハトがおねだりしてくるので注意が必要です。

2. 開放的で落ち着くスペース。

武蔵野プレイス1F

中に入ると開放感のある空間が広がっています。写真には収めてませんが、地上4階建て(地下3階)のフロアの一部は吹き抜けになっていて、かなりカッコいいです。4階にはテラスもあり。

3. 開館時間が長い。(9:30~22:00 ※水曜休み)

武蔵野プレイスの雑誌

こちらは、1Fの雑誌コーナーの一部です。音楽好きの自分にとっては、「Player」、「MUSIC MAGAZINE」が気になりますが、なぜか「ベーマガ」こと「BASS MAGAZINE」までありました。あとは、ストレンジ・デイズとサンレコあたりも置いてくれたら完璧ですが…

4. 蔵書が持ち込めるカフェが併設されている。(ラストオーダー21:00)

パンケーキ三重奏

さて、こちらは1Fにあるカフェ「Cafe Fermata」のおそらく看板メニューであろう、パンケーキです。写真は三枚重ねの「三重奏」。ちなみに2枚の「二重奏」と値段は変わりませんので、たくさん食べたい人は迷わず「三重奏」にしましょう。

 

豚バラカレー

こっちは、「豚バラ(煮込み?)のカレー」です。他にもグリーンカレー(かなり辛め)もありました。

というわけで、中央線沿線や多摩地区にお住まいの方々は、一度行ってみるといいですよ。友だちの少ない人は多分、【起床~朝食~読書~昼食~読書~夕食~読書~就寝】と一日中過ごせますね。

そういえば、帰りがけにエレベータのインフォメーション表示で「サウンドスタジオのマーシャル・アンプの修理が完了~なんとか」って出てました。どうやら地下に(バンドリハ用の)スタジオもあるようです。←基本的に中学・高校生を利用対象としているようです。それなら、やはり「ストレンジ・デイズ」も置いて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.