JAPAN JAM BEACH 2015に行ってきた。(初日のみ)

ゴールデンウィークの5/3から5/5の3日間、千葉の幕張海浜公園にて開催された「JAPAN JAM BEACH 2015」に行ってきました。これは2010年から毎年開催されていた「JAPAN JAM」が場所を浜辺に変えて、今年からリニューアル開催となったようです。

普通に楽しみに行ったというのと、原則、アーティストのスマホ撮影等は禁止ですので、ほとんど画像はありませんので、備忘録として。

スポンサーリンク

5/3の出演アーティスト(大体、出演順)

  • Base Ball Bear
  • 04 Limited Sazabys
  • BIGMAMA
  • サンボマスター
  • Czecho No Republic
  • パスピエ
  • クリープハイプ
  • POLYSICS
  • androp
  • the band apart
  • 東京カランコロン
  • the telephones
  • ストレイテナー
  • 空想委員会
  • ACIDMAN
  • グッドモーニングアメリカ
  • ZAZEN BOYS
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION

浜辺で最高のロケーションの中、最高の天気に恵まれ、最高の音楽を楽しめたイベントでした。

ただ「ビーチ感」のない自分には、砂浜をステージからステージへ目当てのアーティストのために移動するのは、少々難易度が高く、靴に砂が入りまくりでした。

ライヴの感想としては、サンボマスターがライヴバンドとしての格の違いを見せておりました。5列目位で骨を折りかけながら楽しみましたが、後ろを見ると隣のSKY STAGEあたりまで観客が連なってました。大トリのアジカンを除けば、間違いなく一番のハイライトでしょう。

個人的にはZAZEN BOYSが「Honnoji」の抜粋から「痩せて、背高くて、撫で肩で、アゴがキューカンバー的なヤツが待ってる!」と、The Smithsの「This Charming Man」のカバーを突然、披露したのには笑いました。モリッシーのコトか…。ライヴ自体は、相変わらずスゴかった。

アジカンは、新曲からくると思いきや、「ソラニン」からスタート。その後も比較的古い(失礼。)曲を披露してくれました。ゴッチもMCで言ってたように、昼は猛暑でしたが夕方から夜はかなり肌寒かったので、敢えてみんな知ってる曲を先に持ってきたんでしょうね。愛があります。

アジカン終演で、JAPAN JAM BEACH 2015の初日もおしまいです。

JAPAN JAM BEACH 2015の花火ひゅ~。

JAPAN JAM BEACH 2015の花火

ど~ん。

JAPAN JAM BEACH 2015の花火ぱらぱら。以上。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.