どうなるFIFA総会、どうなるブラッター。

詐欺のワールドカップでFIFAにレッドカードを

※IRSのリチャード・ウェーバー談。

2015年5月28日、29日の総会で会長選の直前という、これ以上ないタイミングでFIFA幹部とスポーツマーケティング企業の役員らが逮捕、起訴されましたね。その顔ぶれをおさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

逮捕・起訴された面々

FIFA関係

  • FIFA副会長・CONCACAF会長
    ジェフリー・ウェブ (Jeffrey Webb)
  • コスタリカサッカー連盟会長
    エドゥアルド・リ (Eduard Li)
  • FIFAディベロップメント・オフィサーで元中米連盟会長
    フリオ・ロチャ (Julio Rocha)
  • CONCACAF会長補佐
    コスタス・タッカス (Costas Takkas)
  • 元FIFA副会長・元CONCACAF会長
    ジャック・ワーナー (Jack Warner)
  • FIFA副会長・元南米連盟会長
    エウヘニオ・フィゲレード (Eugenio Figueredo)
  • ベネズエラサッカー連盟会長
    ラファエル・エスキベル (Rafael Esquivel)
  • 元ブラジルサッカー連盟会長
    ジョゼ・マリア・マリン (Jose Maria Marin)
  • 元南米連盟会長
    ニコラス・レオス (Nicolas Leoz)

スポーツマーケティング企業関係

  • Torneos y Competencias(アルゼンチン)の幹部
    アレハンドロ・ブルサコ (Alejandro Burzaco)
  • Traffic Sports(アメリカ)の社長
    アーロン・デヴィッドソン (Aaron Davidson)
  • Full Play Group(アルゼンチン)の幹部
    ウーゴ・ヒンキス (Hugo Jinkis)
  • Full Play Group(アルゼンチン)の幹部
    マリアノ・ヒンキス (Mariano Jinkis)

メディア関係

  • Valente Corp. and Somerton Ltd.(ブラジル)の幹部
    ホセ・マーギュリーズ (Jose Margulies)

その他に既に容疑を認めているのが、6名の模様です。アメリカ主導ですからFIFAみたいな巨大組織でも、ヨーロッパや中南米と違ってしがらみもなく切り込めたんでしょうか?その辺りの詳しい情報はいろいろネットでも出てるようですね。

個人的には今回、逮捕・起訴されなかったブラッター会長含めて、当然FIFAの腐敗は確信してますが、ただ単に不正を裁いて膿を出すという以外に(あえてアメリカが絡んでいるコトで)色んな思惑があるのでは?と思ってしまいます。ブラッターの対立候補は、中東において重要な親イスラエル・親米の(さらにISILにも報復している)ヨルダンのアリ王子ですから…もう既にサッカーのピッチとは関係ない話になってるので、ぜひ佐藤優さんの見解を知りたいものです。

27日(スイス時間)現在、UEFAは当然FIFA批判と総会ボイコットも検討しているようですが、どうするんでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.